イベント情報・沿線案内

見所案内

県南エリアの見所一覧 (全25件)

四季の里公園

新守谷駅

守谷工業団地内に四季折々の草花が楽しめる公園があります。池には水車があり、市民の憩いの場となっております。6万6000株のアヤメが開花する時期にはアヤメ祭りが開催されます。

【アクセス】「新守谷駅」からタクシー約10分

神田家

筑波山神社入口バス停

筑波山神社前にある、抜群の眺望を誇る展望レストラン。天気の良い日は富士山やスカイツリーを見ることもできます。お勧めは、筑波山麓の豊かな大地で育ったつくば茜鶏を使用した親子丼。清らかな水で作った北条米を美味しく炊き上げて、たっぷりの茜鶏と卵で仕上げました。また、茜鳥を使用したつけ汁で頂くそばも人気です。店内にはお土産コーナーもあり、店先で蒸しあげる名物天狗まんじゅうやゆず味噌などが人気です。

【アクセス】つくばセンター(TXつくば駅)①番のりばから、筑波山シャトルバス(つつじヶ丘行き)乗車、「筑波山神社入口」バス停下車徒歩約5分

とげぬき地蔵尊

新取手駅

江戸時代中期、とげぬき名人のお婆さんがおりましたが、寄る年波に勝てずに息を引き取る際「これからは地蔵尊が棘を抜いてくれる」と遺言を残したそうです。
言う通りに地蔵尊を建てたところ、不思議と棘ばかりか苦労や不幸も抜いてくれるという言い伝えが残されており、現在でも遠方からも参拝者が絶えないスポットになっています。

【アクセス】「新取手駅」から徒歩約5分

フォレストアドベンチャー・つくば

筑波山神社入口バス停

自然共生型のアウトドアパーク。施設最大の特徴は、森の地形や樹木をそのまま利用しているところ。 木の上に設けたプラットホームと呼ばれる足場に登り、樹木間に張られたロープやワイヤーなどを使って別の木に移動します。難易度高めの4コースに、計46のアクティビティをご用意。特に人気なのは 筑波山梅林上を滑空する100mのジップスライド。ワクワクドキドキ体験をお楽しみ下さい。

【アクセス】つくばセンター(TXつくば駅)①番のりばから、筑波山シャトルバス(つつじヶ丘行き)乗車、「筑波山神社入口」バス停下車徒歩約5分

せきれい茶屋

筑波山神社入口バス停

女体山と男体山の間にある茶屋。一番人気のつくばうどんは、レンコン入りのもっちりとした太い麺で、汁には野菜やつくね、豚肉などの具がたっぷり。福来(ふくれ)みかんの皮を使用した「筑波山七味とうがらし」をかけていただけば、さらに豊かな風味を楽しめます。この他、夏にはカキ氷などの甘味も味わえます。

【アクセス】つくばセンター(TXつくば駅前)①番のりばから、筑波山シャトルバス(つつじヶ丘行き)乗車、「筑波山神社入口」バス停下車徒歩約15分、筑波山ケーブルカー乗車、筑波山頂駅となり

つくばね焼 陶 梅田

筑波山神社入口バス停

つくばね焼は、筑波山で採れた陶土と釉薬を使用した陶芸品で、県郷土工芸品に指定されています。「使われてこそ器」をコンセプトとした、素朴で味わい深い日常使いの器です。敷地内には登り窯や陶器の展示即売を行うギャラリーなどがあり、要予約で陶芸体験も開催しています。

【アクセス】つくばセンター(TXつくば駅)①番のりばから、筑波山シャトルバス(つつじヶ丘行き)乗車、「筑波山神社入口」バス停下車徒歩約5分

旧取手本陣染野家

取手駅

染谷家は代々取手宿の名主を務めており、その住居は水戸徳川家や他の大名などが本陣(江戸時代、大名が宿泊や休息をとる家)に指定していました。
 現在の旧取手本陣染谷家住宅は寛政6年(1794年)の火災の翌年に、表門は文化2年(1805年)に再建されたものです。ほぼ当時のまま残されている敷地には、主屋、土蔵、表門、徳川斉昭の歌碑が残っており、当時の様子をうかがえます。

【アクセス】「取手駅」東口から徒歩約8分

つくば湯

筑波山神社入口バス停

筑波山の雄大な自然を満喫できる日帰り温泉施設。開放感溢れる大浴場の他、露天風呂やサウナ、贅沢空間を独占できる貸切風呂などもあり、ゆったりと寛ぐことができます。
食事所では、地元の名産や旬の食材を使ったメニューが揃います。お勧めは注文を受けてから目の前で炊き上げる釜飯。つくば湯隣には「彩香の宿一望」があるので、宿泊利用も可能です。

【アクセス】つくばセンター(TXつくば駅)①番のりばから、筑波山シャトルバス(つつじヶ丘行き)乗車、「筑波山神社入口」バス停下車徒歩約10分

小堀の渡し(おおほりのわたし)

取手駅

利根川の大改修で川向かいとなってしまった小堀(おおほり)地区住民の重要な交通手段であった小堀の渡し。取手ふれあい桟橋から運航しています。ゆっくりと渡る船に身を委ね、川辺の風情を味わうには絶好の名所です。自転車を積むこともできますのでサイクリングにもおすすめです。

【アクセス】「取手駅」東口から徒歩約10分

エアパーク・COO(クー)

柿岡車庫バス停

2003年に行われたワールドカップ開催エリアで、安全に快適にパラグライダーが楽しめます。インストラクターは、現役のワールドカップ選手や日本のトップパイロットなので、安心して最新の技術を学べます。フライトエリアには離陸場2ヶ所、着陸場3ヶ所を完備し、風に合わせたフライトが1年中楽しめます。クラブハウスや野外キッチンなど施設も充実しており、フライト体験をより思い出深いものにしてくれます。

【アクセス】石岡駅②番から路線バス(林経由柿岡車庫行き)乗車、「柿岡車庫」バス停下車。柿岡車庫からエアパークCOO間は送迎あり

キリンビール取手工場

北中原バス停

こちらの工場は、今では珍しくなった銅製の仕込釜を1970年の操業以来大事に使いながら、2002年にリニューアル工事を完成しました。
「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」では一番搾り製法を体感できる麦汁の比較試飲などを楽しみながらビール造りを学び、最後には工場直送のビールを試飲できます。(工場見学は要予約)

【アクセス】取手駅西口から路線バス(JA取手総合医療センター行き)乗車「北中原」バス停下車徒歩2分

気象庁地磁気観測所

柿岡バス停

東京ドーム1.5個分の広大な敷地を持つ「気象庁地磁気観測所」。コンパスなどの磁石が示す方向を正確に測定することを目的とした施設で、世界有数の観測所です。自然豊かな敷地内には、大正時代に建てられたモダンな石造りの観測・研究施設が多く残されており、見学者は所員の案内で地磁気の基礎知識や建物の歴史を学ぶことができます。(見学は要予約です。

【アクセス】石岡駅②番から路線バス(林経由柿岡車庫または上曽行き)乗車、「柿岡」バス停下車徒歩約15分

明治乳業みるく館

守谷駅

最新鋭のシステムで自動制御された無人の工場で、首都圏の生産拠点として同社のモデル工場となっています。牛乳をはじめ、加工乳、乳飲料、清涼飲料水、はっ酵乳を製造しています。製品の知識や歴史をPRする「みるく館」は、事前予約すると見学可能で試飲もできます。

【アクセス】「守谷駅」からタクシーで約8分

大場観光ぶどう園

内宿バス停

広々としたぶどう棚にデラウェアや巨峰が実るのは、8月上旬~10月中旬頃。みんなでぶどう狩りが楽しめます。無農薬、雨よけ栽培で丹念に育てられたぶどうは、味はもちろん見た目の美しさもすばらしく、お土産にもぴったりです。

【アクセス】石岡駅②番から路線バス(林経由柿岡車庫または上曽行き)乗車、「内宿」バス停下車徒歩約35分

アサヒビール茨城工場

守谷駅

平成3年(1991年)に操業。年間生産高は大ビン換算で8億本を誇る東洋最大級のビール工場です。事前予約をすれば見学も可能で、展望接待館ではできたてのビールが試飲できます。販売コーナーではここでしか手に入らないオリジナル製品が勢ぞろいしています。

【アクセス】「守谷駅」東口から無料送迎バスで約10分