イベント情報・沿線案内

福蔵院

承和5年(838年)、慈覚大師による創建で、御本尊の十一面観音は奈良時代の高僧、行基菩薩による一刀三禮の御作です。安産子育て発祥の寺として、時代とともに観音信仰が盛んになり安産厄払いの寺として霊験あらたかなる古刹となっています。3月17日には護摩法要が盛大に行われ、3年に1度本尊が公開されます。境内には真壁の御影石を使用した石窟の建設が進められています。

最寄り駅・停留所 黒子駅
アクセス方法 「黒子駅」から徒歩約20分