イベント情報・沿線案内

弘道館

天保12年(1841年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭が開設した日本最大の藩校で、正門、正庁、至善堂は国の重要文化財に指定されています。弘道館で学んだのは藩士とその子弟で、学問と武芸を磨きました。江戸幕府最後の将軍徳川慶喜も幼少期弘道館で学び、大政奉還後は謹慎生活を送っています。幕末の思想家吉田松陰は、水戸滞在中、弘道館初代教授頭取である会沢正志斎や、水戸の人士と交流し、水戸の学問の真髄を学び、深く影響を受けたと言われています。

最寄り駅・停留所 水戸駅バス停
アクセス方法 路線バス・高速バス「水戸駅(北口)」バス停下車徒歩約8分、または高速バス「水戸駅南口」バス停下車徒歩約10分