イベント情報・沿線案内

安楽寺(元三大師)

大生郷天満宮の守護のために建立され、祈願所とされたのが始まりで、江戸初期に元三大師を迎えてから一躍名刹となり、現在でも1月3日に開催されるだるま護摩には多くの人々で賑わいます。東門・南門・西子安門・中門と4つの門があり、それぞれ福禄祈願・延命長寿・子孫繁栄・厄除けと祈願内容によって入る門が異なるそうです。また南門へ続く参道は時代劇のロケ地として度々利用されています。

最寄り駅・停留所 水海道駅
アクセス方法 「水海道駅」からタクシー約15分