イベント情報・沿線案内

名所・旧跡

旧取手本陣染野家
旧取手本陣染野家

取手駅

従来の展示物「見る」博物館と異なり、「体験」するための野外施設も充実している博物館です。宇宙の生い立ちから身近な茨城の自然にいたるまで分かりやすく展示されています。野外に出ると、広大な大自然が人々を迎えてくれます。野外にネイチャートレイルが設置されており、クイズを楽しみながら季節ごとの自然を観察できます。また、県内最大の自然環境保全地域の「菅生沼」に隣接しており、冬期には200羽を超える白鳥を観察することもできます。

【アクセス】取手駅東口から0.7km/徒歩約8分

守谷城址・守谷沼・かわうそ弁天
守谷城址・守谷沼・かわうそ弁天

守谷駅

この城を築いたのは俗説では平将門ということになっていますが、実は将門時代より250年から260年も後になってから、源頼朝の有力な家人であった千葉常胤(つねたね)の子小次郎師常(もろつね)が相馬一郡を領有してから築いたものといわれています。城は本郭(ほんかく)を中心に二郭(にかく)、三郭(さんかく)をもって構成され、古城沼(守谷沼)に突出した台地です。その通路は通称馬場(ばんば)と呼ばれているところのみでその要害堅固たることは中世期における城郭としてはまれにみるものです。

【アクセス】守谷駅東口から1.5km/徒歩約20分

小目沼橋
小目沼橋

小絹駅

小貝川をはさんで両岸の集落を結んでいる小目沼(おめぬま)橋は、1956年(昭和31年)に架けられたもので、川面を照らす夕日とあいまって橋のシルエットが綺麗な絶好な撮影スポットになっています。また、付近は釣りのポイントにもなっていることから、シーズンには太公望で賑わいます。

【アクセス】小絹駅から2km/徒歩約30分

二水会館
二水会館

海道駅

大正初期に水海道町役場庁舎として建てられたもので西洋風デザインのホールを主とし、北側に和室(4.5畳)、廊下、和室(8畳)が和風のデザインで横一列に並んでます。館内はギャラリーに利用されています。

【アクセス】水海道駅から0.4km/徒歩約5分

福岡堰の桜
福岡堰の桜

水海道駅

つくばみらい市の最北端、常総市との境にあり、岡堰、豊田堰とともに関東三大堰に数えられています。 小貝川と堰から流れる用水の間の堤には約550本の桜が1.8キロメートルにわたって延び、開花期には見事な景観を作り上げます。その美しさから付近一帯は、茨城観光100選にも選定されています。

【アクセス】水海道駅から4.3km/徒歩約50分または関鉄バス「水門」バス停下車

坂野家住宅
坂野家住宅

水海道駅

坂野家はこの地に土着してから500年ほどになるといわれ、住宅は「四間間取り」を基調としており、江戸時代後期に増築された母屋や土間・客間は、入母屋造りの屋根と共に大型農家の特色をよくあらわしています。また、広大な屋敷は、かつて武家屋敷に設置された薬師門と土塀に囲まれており、国の重要文化財にも指定されています。現在では、水海道風土博物館として整備され、一般公開されています。また、その風情から映画やドラマのロケ地としてもたびたび使用されています。

【アクセス】水海道駅から9.2km

豊田城
豊田城

石下駅

1346年~1370年(正平年中)に豊田氏12代善基によって築城。1992年(平成4年)に豊田城を模した5層7階建ての展示施設「地域交流センター」としてオープンしました。地域の歴史、産業、更には長塚節の展示コーナーがあり、1~2階は多目的ホールと図書館になっています。天守閣の高さが48.5mあり、日本で2番目に高いお城です。

【アクセス】石下駅から0.7km/徒歩約10分

長塚節の生家
長塚節の生家

石下駅

正岡子規の門下生でアララギ派の代表歌人である長塚節は、不朽の名作小説「土」の作者でもあります。その生家は数々の遺品とともに保存され、当時の雰囲気を残しています。この生家では、庭と書院が公開され、ガイドさんが詳しくレクチャーしてくれます。

【アクセス】石下駅から4km/徒歩約60分

加波山事件志士の墓
加波山事件志士の墓

下館駅

加波山事件は、1884年(明治17年)富松正安を指導者とする16人が「自由の魁」の旗の下に加波山にたてこもり、自由憲政体制を作ろうとした事件です。妙西寺門前に平尾八十吉、富松正安、保多駒吉、玉水嘉一の4名の墓碑が並んでいます。

【アクセス】下館駅北口から0.2km/徒歩3分

鉄道のご案内

鉄道時刻表

鉄道運賃表

バスのご案内

高速バスのご案内

路線バス時刻・運賃表