企業情報

事業案内

自動車事業

さまざまな形態で茨城県の中南部、東京、さらに大阪まで・・・
十分な安全確保と交通ネットワークにより、便利で快適な運行を目指します。

自動車事業では、旅客のニーズの多様化に伴い一般路線バスや高速バス、契約輸送、コミュニティバス等さまざまな形態により営業を展開しています。

主な事業エリアは、茨城県の中央・南西・鹿行地域および千葉県の一部に及ぶ広範囲に渡っております。さらに、県内各地から東京を結ぶ高速バスや空港連絡バスをはじめ夜行高速バス「水戸・つくば~京都・大阪」線も運行しております。

また、県南地域、とくにつくばエクスプレス沿線は人口の増加が顕著であり、当社は首都圏への通勤、通学の足として、重要な役割が期待されております。
今後とも、十分な安全確保に努めながらこれら交通ネットワークを活かし利便性・快適性を重視した運行を目指してまいります。


  • 筑波山シャトルバス

  • 高速バス(東京駅)
サービスの向上

高齢者や身体の不自由なお客様のためにノンステップバス・ワンステップバスを積極的に導入し、その割合は車両総数のおよそ1/3を占めています。乗降時、車高がダウンする機能やスロープ板、車いすスペースの確保などバリアフリー化を図っております。また、平成21年度、全車両にデジタルタコグラフの導入を完了するほか、デジタル表示板の普及にも努めております。

当社をはじめグループ各社では、70歳以上の高齢者を対象に一般路線バス全線を乗り放題とした「関鉄ふれ愛パス」を発行しております。割引率が高く、小銭を取り出す手間が省け、高齢者の社会参加を促進すると大変好評です。

パーク&バスライドとして高速バス利用者に専用無料駐車場を用意しております。


  • 車いすスペースの確保
環境への配慮

牛久市コミュニティバス(愛称・かっぱ号)はバイオディーゼル燃料(BDF)を使用しており、取手市コミュニティバス(愛称・ことバス)は、CO2(二酸化炭素)の排出を抑制するCNG(圧縮天然ガス)を使ったバスを運行しています。

また、高速バス、一般路線バス車両にはデジタルタコグラフを導入するなど、エコドライブを推進し、適正な走行を指導し燃料費削減や事故防止にも努めています。


  • バイオディーゼル燃料を使用
高速バス

快適性・経済性をセールスポイントに高速バス路線を多数運行しております。

水戸、つくば、鹿行地域など県内各地と東京を結ぶ路線をはじめ、羽田空港、成田空港、茨城空港への空港連絡バスなどを運行し、それぞれ好評を得ております。特に、「鹿島~東京駅」線は、共同運行会社を含めると1日81往復運行、全国屈指の規模を誇ります。また、「水戸・つくば~京都・大阪」を結ぶ夜行高速バスを運行しております。


  • 夜行高速バス
チャーターバス

スクールバス、社員送迎バスなど、通勤・通学輸送などに活躍しています。ご契約先からは、安全で大幅なコストダウンが図れると高い支持を得ています。


  • スクールバス
コミュニティバス

住民の移動手段を確保するため自治体から受託し運行する乗合バスです。現在、つくば市をはじめとした営業エリア内の自治体と契約を結び、交通空白地帯の住民や交通弱者と呼ばれる方々の重要な足となっております。


  • つくバス

鉄道のご案内

鉄道時刻表

鉄道運賃表

バスのご案内

高速バスのご案内

路線バス時刻・運賃表